FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

男性不妊とわかってからのあれこれ

精液検査で乏精子症、精子無力症とわかってからの治療の記録や思いを夫の目線で綴るブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性不妊専門クリニックで検査4-精索静脈瘤-

2014.05.25 (Sun)
精液検査がやはり絶望的な結果でした。

そしてその原因“かもしれない”病名を告げられます。

精索静脈瘤-


精索静脈瘤は睾丸にお腹から血液が逆流して、こぶ状にふくれている状態をいいます。
血液が睾丸に逆流することで温められ、造精機能が低下すると言われています。
左側に症状がある人がほとんどで、僕もそうでした。

男性不妊の原因と考えてられており、治療には手術が必要になります。
手術は方法がいろいろあるようですがこのクリニックでは低位結紮術という方式を行っているとのこと。
日帰り手術が可能で最近主流になっている方式だと。
費用ですが、保険の適用はありません。

ただし、入院して手術する方式や病院によっては適用される場合もあるので確認してください。


手術することにより、70%の人が精子濃度もしくは運動率に改善が見られ手術後の自然妊娠率は40%だということでした。
精子の質も良くなる。

手術をどうするか。
結論はすぐ出ました。
可能性があるならやりたい。すぐに。

手術費用は157,500円(片側)-。

クリニックのホームページに書いてあった手術で、手術は必要ないやろーと言っていたのに・・。


費用はかかるけど、保険適用される病院を探してというのが時間かかるし
最短の手術可能日を確認すると検査日から1ヵ月後。
早くやりたかったので手術の予約しました。


これで精子が改善すれば自然妊娠できるかもしれない。
自然妊娠とは言わなくても人工授精でできるかもしれない。
顕微授精のままでも顕微授精の成功率が上がるかもしれない。

すべては可能性のために、人生ではじめての手術に挑みます。


よろしければお願いいたします(/・ω・)/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。