FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

男性不妊とわかってからのあれこれ

精液検査で乏精子症、精子無力症とわかってからの治療の記録や思いを夫の目線で綴るブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精索静脈瘤手術当日から抜糸まで

2014.05.28 (Wed)
人生初めての手術は不妊治療のための手術。
保険の適用は無く、掛かる費用は157,500円。
さあ、いきましょう。

と、その前に、手術1週間前に手術前検査を行います。
検査費用は29,400円。
検査に問題は何もなく今度こそ、さあ、いきましょう。


日帰りでの手術となります。
朝10時にクリニックへ行き昼過ぎに帰る。
そんな感じでした。

前日に陰毛を処理します。(短くカット)
かゆいかゆい。

そして手術当日。
手術室へ呼ばれるのを待ちます。
呼びに来ましたよ、女性が。
今までこのクリニックで女性を見たことないのに。

手術室へ向かい手術台へ乗せられます。
パンツを脱がされ女性に見られているのです、毛が無い状態を。
恥ずかしい、、、いや、そんな場合ではない。

手術は局所麻酔で行うので意識はずっとあります。
ネットとかの情報では麻酔がかなり痛いとかそういう書き込みもあったので不安でしたが(場所も場所ですし)まあ注射されたなという痛みで普通でしたね。

それより点滴が手の甲になり、そっちの方が痛かったです。。。

痛ければすぐ言ってくださいね、と言われ麻酔の効きチェック後切られて行きます。
皮膚を切られてるだけなんでここでは痛くない。ただ焦げ臭い。

そこから開いていきます。
開くために引っ張られる、痛い、というより気持ち悪い、でも我慢できる。

中でどうにかこうにかしています。
変な感じするなあと考えていた次の瞬間

痛っ!!

思わず声が出て起き上がってしまいました。
麻酔の効きが悪かったみたいで。

追加追加。

その後は落ち着いて少し痛みを感じると先生に伝えて追加してもらったりしながら進めていきます。

引っ張られてるときとかお腹とか睾丸に響くような感じがして気持ち悪いですが、まあそんなもんかと。


1時間半後手術は終了です。

我慢できない程の痛みが一瞬ありましたが、その他は問題ありませんでした。
すぐは帰れないので坐薬を突っ込まれ休憩室で休憩です。
ペンギンみたいな歩き方になり歩きづらいですね。

1時間ぐらい休憩して坐薬と鎮痛剤をもらい帰りました。
鎮痛剤は毎食後飲んで抜糸(1週間後)までに飲みきってくださいと。
1ヶ月後に精液検査をするとのことで、予約をして。

無理な体勢になると痛みます。
日常には問題ないです。
なんとなく違和感というかそういうのはあります。


翌日に傷を見せに行き、問題なし。
その次の日からシャワーを浴びていいとのことでようやくちゃんとキレイになれました。



手術から1週間、抜糸も完了しました。
ただ中の糸は溶けてなくなるのに数カ月かかるから違和感は数カ月あるだろうとのこと。
そこまで気になるレベルではないと思います。



抜糸までの1週間、鎮痛剤によるものなのか、胃が苦しくてその方がつらかったです。
胃薬胃薬。



手術1ヶ月後の精液検査でいきなり数値が改善するとは思っていないですけど
何らかの変化があるのかな。
まあ造られた精子たちが出て行くのに3ヵ月はかかるわけで、そういうつもりで検査したいと思いますが、どこまでステップアップするのか判断したいと思います。


もう顕微に向かっていってもいいと思いますが、ちょっとぐらい改善しないかなーと淡い期待をしてしまうのです。




よろしければお願いいたします(/・ω・)/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。