FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

男性不妊とわかってからのあれこれ

精液検査で乏精子症、精子無力症とわかってからの治療の記録や思いを夫の目線で綴るブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の転院と、僕の転院と

2014.06.23 (Mon)
ステップアップして治療するために、今通っている産婦人科から転院します。
予約をして一緒に行きました。
有名な先生のいるところです。
家から30分程で着きました。
大阪に住んでいるのでそういう意味では恵まれているかもしれません。

最初の登録をして呼ばれるのを待ちます。
けっこう人がいます。
みんな同じ、もしくは似たような境遇の人です。

婦人科の先生に呼ばれ、お話をします。
妻のみ転院のつもりでしたが、話を進めていくうちに僕も男性不妊の先生に診てもらうことになりました。
この病院は夫婦が同時に治療できるという病院なのです。
予約はしていなかったですが、すぐ診てもらえました。
男性不妊治療で有名な先生です。
言い方どうかわからないですが、すごく軽くて話しやすい印象の先生でした。

そしてこれまでの検査結果・治療の記録を話し、まあ悪いですねと。
今日精液検査しますか?っていうことでしたのでしました。
こんなこともあろうと調整してきました、禁欲2日。

部屋で採りますが、やはり無機質な部屋でテレビにDVDプレーヤー、DVDが3枚でした。

今までは一人で病院に行って採っていましたが、今日は妻と一緒。
どんな気持ちで待っていたのでしょうか。笑

さっと採取しました。
この病院は女性スタッフに手渡しなんですね。
まあ、気になんてしないですけど。


それから数十分後、結果を聞きに行きます。

精液量が3.2ml、いつもより少ない。
精子濃度80万/ml、お?少なすぎない?
運動率25%、少し良くなった?
直進運動率0%、やはり0は0、、、。

という結果に。
結果の出方が今までとは違いましたがこんな感じでした。

先生曰く、まあやはり顕微授精になるでしょうと。
こちらの先生は男性不妊専門医ですので、この結果を持って婦人科の先生と相談です。

その前に、僕も今後こちらで診てもらうことになりました。
治療できることがあるのかないのかわかりませんが、精液検査、ここでは保険が適用されるのです。
自費治療の辛さたるや、、、。
手術も保険適用だったのかな、、、いや考えない。

あと、薬をもらって飲んでたんですが、はっきりと“やめてください”、と。
この辺りは先生によって考え方が違うところなのかなという感じはしてますが、薬飲んでから精子濃度が悪くなったので(ブレの範囲内なのかもしれないですが)先生に従い飲むのをやめます。

とにかく、夫婦揃って通うことになりました。


さあ、この結果をもってもう一度婦人科の先生と話をします。

しかし、待機、待機。
待ち時間、、、、長いです。
かなり人が増えています。
朝から行ってお昼を過ぎました。






長くなったのでそこでのお話は次に書きます。






よろしければお願いいたします(/・ω・)/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。