QLOOKアクセス解析

男性不妊とわかってからのあれこれ

精液検査で乏精子症、精子無力症とわかってからの治療の記録や思いを夫の目線で綴るブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻が通う産婦人科で精液検査

2014.05.17 (Sat)
不妊というとまず女性側という意識もあり、妻が産婦人科で不妊の検査を開始します。
同時期に男性側の問題で不妊であることが多いということを知り、検査したいと産婦人科へ行き精液検査をお願いしました。

自宅で容器に採取し病院へ持っていきます。
この日は妻と行くので採取を待たれている状態。集中できませんね。。
何とか採取し病院へ。

結果

数が少ない、ほとんど動いていないと言われます。(具体的な数値はなし)
そんな結果であることへの覚悟があるわけがなく、そのときは、ただ、ショックでした。
禁欲は1週間ぐらい。ちょっと長めです。

先生からはここでは何もできないので大学病院の専門の先生に診てもらった方がいいと言われます。
大学病院?そんなに悪いの?

しかし平日午前中は難しいので近くの泌尿器科のある病院へ紹介状を書いてもらい検査してもらうことにしました。

精液は体調とかそういうもので変わってくるということだったので大丈夫、心配無いと自分と妻に言いきかせました。





よろしければお願いいたします(/・ω・)/

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。