FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

男性不妊とわかってからのあれこれ

精液検査で乏精子症、精子無力症とわかってからの治療の記録や思いを夫の目線で綴るブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採卵日を迎えました

2014.08.29 (Fri)
顕微授精へ向かうと決め、自己注射と薬の日々。
自己注射は思ったよりも早く慣れたみたいでそんなに問題なさそうでした。
当然痛いでしょうが。

検査の結果採卵日が確定し、平日だったので仕事を休んで一緒に採卵に向かいました。


▼採卵日当日は朝から

仕事を休んで一緒に行きました。
朝早く行き過ぎて病院開いてなかった、、泣
ちょっと休憩して行くと何組か採卵にきていました。
はじめてなのか、何度目かなのか。。

受付をして僕は採精に向かいます。
まさか数が0になることは無いと思いますが、多少の緊張。
ここで採れた精子たちの中から選抜されるわけですからね。

この日の採精はちょっと時間が掛かりました。
前と同じDVDだったので。。。嘘です。。。いやほんとです。。。。

採精終了して行ってこい!という気持ちで送り出します。

さあ、僕はこれでもうすることがないのです。

妻はこれから採卵。

採卵が終了するまで時間を潰すことにしました。
(特に何もしてないんですけどね)


▼採卵はやはり痛いもの、痛いものだ

採卵のお話を。(聞いた話を)
局所麻酔で採卵を行いました。
エコーの画面をモニターに写して見てくださいって言われたようですが
余裕がまったくなかったって言ってました。
とにかく、痛い、痛い、と。

人によって違うみたいですけどね、無麻酔の人がいたりとか。
妻はダメでした。麻酔があってそれなのに無麻酔だったら。。。
まだしていない人を怖がらせることになってしまって申し訳ありませんが
人によってそれぞれということで勘弁してください。
ちなみに全身麻酔の選択もできますが、それなりの費用は掛かります。


少し休憩してから採卵の結果、精液の結果を聞きます。
採卵の結果は6個。グレードは上から2番目のやつでした。
問題無いようで安心です。

精液の結果
禁欲    1日
精子濃度  450万/ml
運動率   55%
前進率   45%
と、やはり顕微授精レベルのまま。
紙に大きく

顕微授精

と書いていました。

ここから優れたやつを選んでくれい。


ここからは、その日に受精させて、育ってきたら凍結して、次の周期以降に移植という流れです。
ざっくりですが。

それぞれの段階を乗り越えなければなりません。
怖いですね。
怖いですよ!


▼男性不妊とわかってから5カ月

なんだかんだありながら、顕微授精まできたなあと。
顕微授精を知ったのも自分が不妊であるとわかってから。
そこから一気に来たという印象です。


子どもを抱きたいです。


多分世界一かわいいと思いますよ。笑



▼さいごに

採卵当日、痛くて普通に歩ける状態ではありませんでした。
安静にしといてもらうしかないです。
できるだけ動かないように。
でも大丈夫やから行こうってことで、カラオケにフリータイムで入って5時間ぐらいいたわけなんですけどね。。。笑

仕事は翌日から行ってましたが、やはり辛いようです。

治療で体に負担を掛けさせてしまう分

家事は任せておけ!

その気持ちでがんばりたいと思います。






よろしければクリックお願いいたします(/・ω・)/
励みになります!!!!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。